大会レポート草大会

2021はちとらミーティング開催レポート

大会レポート

2021年11月14日(日)
コロナウィルス蔓延の影響で中止が続いていたはちとらミーティング。夏頃に開催を検討するも延期、日程も一度発表するも変更と紆余曲折ありましたが、無事に開催することができました。

当日は青森県内各地だけでなく岩手県や秋田県からもエントリーいただき、オートバイはスズメバチクラス(上級)16名、アシナガバチクラス(中級)9名、ミツバチクラス(初級)17名の総勢42名。2年ぶりの開催にどれだけ足を運んでいただけるのか多少の不安もありましたが、かつてと変わらぬお祭りのような賑わいに一安心。
また、今年ははちのへトライアルクラブに8名の新メンバーが加入したこともあり、エントリーを見ても初級クラスが一番のボリュームになりました。

朝の様子

7時半頃から続々と集まってきました。
金曜日に強めの雨が降り、路面はぬるぬる
いつもの景色もなんだかわくわく。

久しぶりに会う面々に、あちこちで話に花が咲きます。新メンバーは見たことのないトラ車の数に驚いたようです。

ライダースミーティング

カラフル!!!

ライダースミーティングでは代表より開催・たくさんのエントリーと賞品提供のお礼が、工事部長からはコースマーカーの説明とはちとらルール説明がありました。

※はちとらルール
移動は助け合い、セクションは「まだまだ!」と周囲から声が上がるかぎり諦めないでアウトを目指しましょう。

大会中の様子

例年、4~5名のエントリーがある自転車クラスですが、今回は残念ながらエントリーがなく開催見送り。なので、自転車部長のKさんがオートバイのセクションの様子を撮影してくれていました。

落ち葉の下の湿った黒土にかなり神経を使ったようです。
ルールに則りあちこちで「まだまだー!!」と元気な声が飛び交っていて、ライダーの皆さんはちとらミーティングを満喫できたのではないでしょうか?

「ミーティング」開催はならずとも、自転車部も2名で楽しんだようです。

リザルト

スズメバチクラス&アシナガバチクラス

ミツバチクラス

怪我や故障などのトラブルもなく、へろへろになりながらも無事にゴールできたようです!徒歩で応援・観戦された方々もお疲れ様でした!

表彰式

はちとらミーティング開催にあたり、たくさんの賞品提供ありがとうございました。

各クラス表彰台
スズメバチクラス
アシナガバチクラス
ミツバチクラス

スズメバチクラス3名+アシナガバチクラス2名、ミツバチクラス1名にはちのへトライアルクラブから入賞!(スズメバチ・アシナガに関しては、次回以降はちとらメンバーにはホームとしての点数ハンデも検討するとかしないとか)

ミツバチ3位入賞のK君は、この春トライアルデビューですが数日前に新たにコンペマシン納車、当日も朝7時前から自主練ととても気合が入っていました!おめでとうございます!

大会後の様子

テープ回収後も熱心な練習組へ、IA沢上スクール開校。簡単なセクション設定とアドバイス等あったようです。

おまけ(今日の1枚)

岩手県宮古市で活動する新日本トライアルクラブご一行様。1台のトラックにバイクが4台!!働く車好きにはたまらない光景ですね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました