How to~オートバイトライアル

How to Start Trial?~ズボラ女子の節約トランポ編〜

How to~
スポンサーリンク

トライアルをする上であったら便利なトランポ(トランスポーター)。
以下の記事では軽トラ・軽バン・ハイエースの定番だけではなく、NboxやCX-5、プリウスなど。積み方次第(バラしも含む)でなんとかなることをお伝えしました。

しかし、いざ手元に車があっても、バイクを積めることがわかってもどうやって固定するの?何が必要なの?

やっぱりトライアル・トランポって敷居が高い。。

と一歩踏み出せない方向けに、とりあえず最低限これがあればOK&超ズボラな私のトランポ(スズキ エブリィ)を恥ずかしながらもご紹介。

How to Start Trial?〜ズボラ女子の節約トランポ編〜

この記事を読めば
・トランポに最低限必要なものがわかる
・100円ショップやホームセンターで賄えるトランポに便利グッズが見つかる
・こんなんでいいんだ、とトランポに対する敷居が下がる(笑)

hachitora
hachitora

さっそくいってみよう!
ズボラさんだけじゃなく、節約したい方のヒントにもなるかも!?

トランポに最低限必要なもの

ラダー

バイクを車に積み下ろしする時に使います。
トライアルバイクは軽い(と言っても70~80kg)ので、力のある人だとラダー無しで持ち上げて積み込んでいる人も稀に見ます。

ですが、それは一部の超パワフルな人の話。

バイクをばらさずに積む場合、一般人には必須です! けれどもラダーって、いいお値段しますね、安くても1万円くらいから。

そこで私が使っているのは

木の板

180cmくらいの木の板です(笑)ホームセンターで2~3千円でした。

何と言っても安い!私はホームセンターで購入したけれども、運が良ければ廃材などを0円で手に入れたという話もよく聞きます。

折り畳みのラダーと比べると、長さが短いので積み込む角度が急になります。
板が薄すぎると折れてしまうことも!?

タイダウン

車内に積み込んだバイクを固定するために必要です。固定しないと、左右に倒れてハンドル等で車内が傷ついてしまう恐れがあります。

(例外)

軽バンでは無理ですが、軽トラに平積みの場合はタイダウンは不要ですね(笑)

ロープでも代用可だそうです。

トランポ用フック

あったら便利にしようか悩みましたが、トランポ用のフック、必須です。装着する位置は車種や積み方によって変わります。
納車時に付けてもらいました(車に加工したのはこれだけ)

先日代車を借りた時に手すりに固定したのですが、走行中にとんでもない音と共に手すりが壊れました(汗)

やはり専用品じゃないと強度に不安がありましたね。

トランポするのに、あったら便利なもの

エブリイは後部座席を畳むとフルフラットになるのですが、トランポとして使用=泥が落ちる!ので、何かと便利なブルーシート!

hachitora
hachitora

でもブルーシートって無地だし可愛くない!!ポップな床にしたいけど、「床貼り加工」とやらは高そうだし、DIYも大変そう。。

そこで、ホームセンターを徘徊して発見!

プラダン(プラスチック段ボール)

プラダンをガムテープで固定
年期入ってます

トランポ生活するまで存在すら知りませんでした、プラスチック段ボール。略してプラダン。
軽くて丈夫!1m×2mくらいのサイズで1枚198円でした(当時)
床にするには幅が足りなかったので、2枚ずらしてガムテープで止めただけ。DIY初心者でも簡単(笑)

テーブルクロス

プラダンの上にテーブルクロスをかぶせてあっという間にオシャレな(!?)床完成!

意外と丈夫で防水性能もばっちり!デザイン豊富で模様替えも楽々!

長さは量り売りなので自在ですが、横幅が広いものにポップなデザインはほとんどありませんでした。

レジャーシート

運転席と助手席の間にバイクを差し込んで積む場合、シートの汚れ防止に使ってます。

軍手

軍手を両ハンドルに嵌めることで、積み込みをした時に天井の傷や汚れを防ぐことができます。

100円ショップで買った便利グッズ

トランポ買ったら、棚作って、ベッド作って、快適空間にするぞ!と意気込んでいたけれど、あれこれ調べているうちに妄想だけで過ぎること数年(笑)

ここからはトランポというよりは、車内整頓に役立っている100均グッズのご紹介!

ヘッドレストに掛けられるフック

棚も何もないので引っかけられるだけですっきりします。耐荷重6Kgのフック2種類。

2つで100円
1つで100円

折り畳み式の洗濯かご

トライアル練習後のウェアをポンポン投げ込みます。軽いし畳んだ状態だとすっきりスリムでおすすめです。

畳むとすっきり
開くといいサイズ

100円ショップだけど、200円でした!かご

以前100円のかごを使っていた時は、高さが足りずに山道を走っていると中身が飛び出て転がることがありましたが、さすが倍のお値段(笑) 安定感ばっちりです。

でも理想はこれです。

200円が壊れたら買い替え予定ですが、全然壊れる気配がありません。

おまけのおすすめ

待ちに待った再販!!カレーメシ シーフード味

「また食べたい!」要望件数No.1*1の「カレーメシ」が、3年ぶりに帰ってきた!
(中略)
魚介の豊かな風味とコクがイカす!
お湯かけ5分で、いつでもどこでもシーフードカレー!

https://www.nissin.com/jp/news/10271(日清食品)
トランポ常備の非常(でもない)食。

熱湯5分とありますが、6分~7分が個人的にはおすすめです。

ありがとう日清!また箱買いします。

ワークマン「防水FEST(フェスト)ブーツ」

折り畳み長靴です!
脱ぎ履きは若干不便ですが、洗車やどろどろの下見の時に役立ちます。
以前は普通の長靴を積んでいたのですが、意外とかさばりますよね。これなら畳んで袋に入るので省スペースです。

まとめ

トランポっていうとDIYで色んな工具とか道具が必要だったり、専用品を買わないと!って構えてしまうかもしれませんが、フック以外は代用品でも何とかなります!

車にトライアルバイクを積むことで、自走では行けない場所へ行けたり、いつも相乗りをお願いしていたところは自分の時間で動けるようになります。

へろへろに疲れると積み込みがしんどい時もありますが、下り坂を利用すると積みやすいですよ。
トランポしてトライアルの楽しさを広げるきっかけになれば幸いです!

トランポするトライアルライダーの日常スタンプはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました