雑記青森情報

三戸町で11ぴきのねこ巡り

雑記

1月某日。
二ツ森トライアルパークは雪に埋もれてしまっているので、お隣(の隣)、青森県三戸郡三戸町を観光してきました。

ねこまみれ!?三戸まちあるきのススメ

三戸町はこんな町

三戸町はここ!岩手県二戸市、ギリギリ秋田県鹿角市とも隣接しています

人口:9,472人(令和3年11月30日現在)
世帯数:4,195世帯 (令和3年11月30日現在)
町の木:キリ
町の花:フクジュソウ
町の鳥:コノハズク

青森県の南部に位置する人口1万人に満たない小さな町、三戸町。絵本「11ぴきのねこ」シリーズでおなじみの馬場のぼるさんの故郷。町の公式HPからはじまり実際の町も「11ぴきのねこ」で溢れています。

三戸 街歩きにはアプリが便利!

昨年の7月に『「11ぴきのねこのまち さんのへ」エンジョイアプリ』なるものが公開されていました。

「11ぴきのねこのまち さんのへ」エンジョイ アプリでできること
1 三戸町の観光や特産品、歴史等の紹介機能
2 町内の観光地や飲食店の情報や位置をMAP上で見ることができる「ナビ・検索」機能
3 町内の周遊コースを、目的ごとに紹介する「モデルコース」機能
4 スタンプを集めて、景品や特典をもらえる「スタンプラリー」機能

今回はこのアプリの中の「スタンプラリー」の中にある『11ぴきのねこ石像巡りスタンプラリー』を選んで楽しんできました。(他には『さんのへウルトラクイズ』と『三戸町まち歩きスタンプラリー』が開催中でした)

この日は降ろすことなく。。

事前に調べたところ、11体全部を回っても8キロ弱。サイクリングに程良さそう!とファットバイクとMTBをトランポして行ったのですが、やはり今年は積雪が多く道路が思ったよりも狭かったので自転車は自粛。雨も降っていたのでドライブでGO。

『11ぴきのねこ石像巡りスタンプラリー』

石像の設置は、「11ぴきのねこのまちづくり」を推進する町が、馬場さんの絵本を出版する「こぐま社」(東京)の協力を得て2013年度からスタート。2020年の3月31日に最後の2体の設置が完了し、11体揃ったそう。

How to スタンプラリー?
・石像の近くでアプリを起動
・スタンプラリーページのQRコードマークをタップ(バーコード読み込みカメラが起動)
・石像横のボードにあるQRコードをスキャン→スタンプゲット!

アプリ内にGoogleMapも登録されているので石像探しも楽ちん、いざアップルドームからスタート!

①とらねこたいしょう(アップルドーム前)

正面

後ろ姿

このアップルドーム。正式名称は「三戸町スポーツ文化福祉複合施設」で、2階にある「ほのぼの館」は11ぴきのねこの生みの親、馬場のぼるさんの記念館となっています。入館無料で、たくさんの作品を見ることができてとても癒される空間です。

石像巡りの際はぜひ立ち寄ってみてください。絵本も揃っていて、石像巡りの予習にもGoodです!

ねこたちが優しくお出迎え♪

②見上げるねこ(ポケットパーク)

町の中心部にある小さな公園。イルミネーションもしているようです。

③アオさんとねこ(関根ふれあい公園)

④お出迎えねこ(三戸町役場)

⑤みまもりねこ(三戸学園三戸小中学校 駐車場)

⑥たいやきねこ(道の駅 さんのへ)

石像の真横でたいやきを売っていました♪

⑦とんぼねこ(三戸中央病院前)

⑧絵本をよむねこ(三戸町立図書館)

⑨バスを待つねこ(三戸松役場前バス停)

⑩郵便局員ねこ(三戸郵便局)

⑪えんそくねこ(三戸町総合福祉センターふくじゅそう)

石像以外も11ぴきのねこがいっぱい

石像スタンプラリーということで、石像を探しながら歩いていると街中ねこだらけなことに気づきます。

のれん

道の駅さんのへ
三戸郵便局

石像のある、道の駅や郵便局だけでなく

やきとり屋さん
でんき屋さん
葬儀屋さん
肥料屋・農薬屋

他にも「酒屋」や「税理士」「つぼ八」等々、統一デザインののれんがあることで町に一体感が生まれますね。

フラッグ

見上げると、そこにもねこ。

案内看板

あっちにも
こっちにも
そっちにも

11ぴきのねこだらけ!!!!!笑
幼いころに絵本で見たねこたちですが、まち歩きでのサブリミナル効果!?めっちゃくちゃ愛着わきました♪

三戸でご飯ならココ!「にんにく専門」だるま食堂

青森の名産のひとつに「にんにく」があります。国産にんにく、味も香りも残り方も外国産とは全然違います。優しいのです。
〇〇専門店って、ニッチ産業で人口の母数が大きい都会でしか楽しめないことが多いのですが、なんと三戸町にありました。

にんにく専門だるま食堂

開店に至るまでのストーリーも素敵です。

ネバーギガーリックラーメン

にんにく1個が使われているというギガーリックラーメン。ネバー(納豆)に、卓上にあるにんにく酢を混ぜて、さらににんにくを絞っていただきます。

どれだけガツンとくるのか!?とドキドキして啜ってみると想像以上に優しいお味(あくまで個人の感想です ※管理人は二郎系ラーメンにんにくマシマシで食べちゃう人です)
麺もコシが強くて、つるっと喉越しがいいのに納豆のネバーで更に喉越しアップ!最後まで飽きることなく美味しくいただきました。

油淋鶏+餃子セット

ちょっと贅沢セット。
油淋鶏はとにかくサクッサクのクリスピー系が好きな人にはもってこい。
餃子もにんにくの味はするけれど、ニラやその他のタネの味がしっかりいいバランス。上にかかっているネギ醤油?がとても美味しかったです。

ギガーリックミルクラーメン(+ガーリックライス)

期間限定?のミルクラーメン。まろやか濃厚で担々麺みたいでこちらも美味しかったです。

他にもカレーやガーリックシュリンプ等、気になるメニューがたくさん。夜営業でビールと一緒にいただきたいですね!
※にんにくを使っていない「焼き干しラーメン」もあるそうです。

にんにく専門だるま食堂
住所:
青森県三戸郡三戸町川守田字雀舘33-3
営業時間:
11:00~14:00
17:00~21:00(ラストオーダー20:30)
定休日:水曜日

まとめ

同一県内にいても、道の駅へは立ち寄るけれど街歩きってなかなか機会がないとしない方も多いのではないでしょうか?
三戸町は今回の石像スタンプラリー以外にもアプリでおすすめの散策コースを知ることができます。

またコロナが増えてきて、うつうつと閉塞感を抱えてしまうこんな時期だからこそ近隣の魅力を探すのも面白いかもしれません。

おまけ

ほのぼの館で発見!今のぐんまちゃんは2代目だそうですね。

スポンサーリンク

ぽちっと応援お願いします!

にほんブログ村 バイクブログへ にほんブログ村 バイクブログ トライアル(バイク)へ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 青森県情報へ

スポンサーリンク
はちのへトライアルクラブ

コメント

タイトルとURLをコピーしました